相談 させ て ください 敬語。 「ご遠慮なくご相談ください」は正しい使い方ですか?

敬語で「ご相談」は正しい?使い方や「ご質問」との使い分け

敬語 て 相談 させ ください 敬語 て 相談 させ ください

👎 いずれの場合も、相手が分かるような使い方がポイントです。 そして、間違いやすい点として、「ご相談させてください」をほとんど面識のない人に使ってしまうことがあります。 謙譲語にするなら「ご相談に上がる」としてランクアップ! どうしても「ご相談がある」に違和感を拭えないという人は、「相談に上がる」「相談申し上げる」「相談いたします」のほうが良いでしょう。

15
さて、ご依頼いただいておりました営業マニュアルの件、添付ファイルにて送付いたします。 そういう意味で、 「お申し付けください=言い付けてほしい」のほうがふさわしい敬語と言えます。

「ご相談ください」の代わりに使えるビジネス敬語・メール例文

敬語 て 相談 させ ください 敬語 て 相談 させ ください

😅 」 「今回のプレゼンについてご相談させてください。

「伺う」「差し上げる」「申し上げる」「拝見する」などが謙譲語に当たります。

「ご遠慮なくご相談ください」は正しい使い方ですか?

敬語 て 相談 させ ください 敬語 て 相談 させ ください

🤩 そんな気持ちを今回紹介するような「お礼の言葉」を伝える事で解消できるので、感謝の気持ちがより伝わります。

6
別の言い回しに、「ご遠慮なく」「気兼ねなく」などがある。 「ご相談させてください」は敬語として間違い? 「ご相談させてください」は、もしかすると二重敬語で日本語の表現として間違っているのでは、と思う方もいらっしゃるでしょうが、実は、この「ご相談させてください」は二重敬語などではなく、謙譲語と尊敬語を使ったちゃんとした正しい敬語表現を用いた言葉です。

間違いも多い「ご相談」のビジネスメールとしての正しい意味・使い方

敬語 て 相談 させ ください 敬語 て 相談 させ ください

☺ しかし、いきなり「ご相談させて頂きます」といって本題に入ってしまうと、相手が与えてもいない許可があるかのようなニュアンスになり、偉そうに感じさせてしまう可能性があります。 部下や同僚に対して「相談に乗る」という場合は「相談に乗ります」などの丁寧語か、「相談に乗らせていただきます」などの謙譲語にします。 例文「ご相談いただきますようお願い申し上げます」• 「〇日までに回答をいただきたい」と記載するのが一般的です。

6
「お伺い」は「聞く」や「行く」の謙譲語表現です。

「お気軽にお問い合わせください」の意味と使い方・例文・敬語

敬語 て 相談 させ ください 敬語 て 相談 させ ください

💙 これらの言葉を見極めるためには、「なる」と「する」の違いについて判断することが重要です。 ・受理させていただいております。

17
しかしあまり親密な関係にない人に使用する場合は少し、印象がゆるく感じられることもあります。

「ご相談」の意味と正しい使い方!ビジネスシーンで使える例文も紹介

敬語 て 相談 させ ください 敬語 て 相談 させ ください

🐾 ] -------------------------------------------------- この場合は(理由が「相手に向いている言葉だから」と言うのが気になりますが)「ご依頼する」「ご依頼いたします」を可とした上で、ただし「ご依頼申し上げる」のほうが「無難」「落ち着きがよい」と考えていますね。

15
これは、後述する通り、敬語としてのルールにも則っていて、適格な言葉遣いです。 どうぞご家族、ご友人お誘いあわせのうえ、お気軽にご来店ください。

「お気軽にお問い合わせください」の意味と使い方・例文・敬語

敬語 て 相談 させ ください 敬語 て 相談 させ ください

✍ 間違いではなく正しい敬語です。 「相談に乗ってもらいありがとうございました」という場合には、「ご相談に乗っていただきありがとうございました」となります。 これらの意味合いを持つ「応じる」という言葉の敬語表現では、上記の意味合いを持つ言葉の敬語を探せばよいため、「承認いたします」や「承ります」、また「ご対応させていただきます」や「お応えさせていただきます」などといった、「応じる」という言葉に「お(御)」という接頭辞をつけた表現が一般的に認められます。

19
では、どのように「ご相談」を使えば良いのでしょうか。

「ご遠慮なくご相談ください」は正しい使い方ですか?

敬語 て 相談 させ ください 敬語 て 相談 させ ください

♥ 例文「ご不明な点がございましたら、何なりとお申し付けください」• 「ご相談ください」は可、「ご相談してください」は不可 社内の人に常日頃使う表現としては、「ご相談ください」という言い方が便利です。

11
上司や取引先の方など、目上の方や社外の方に何かを相談したいときには、この言葉を使用しましょう。 ・その案件につきましては、当社の方で承っております。