保険 業法。 保険会社向けの総合的な監督指針 : 金融庁

保険業法(平成7年6月7日法律第105号) 第99条

業法 保険 業法 保険

♻ 以下この項及び次条第4項において同じ。 R01. )の選定及び解職について、同法第48条 (設立時委員の選定等)の規定は相互会社 (指名委員会等設置会社に限る。

2
III -1-2 検査・監督事務の具体的手法• III -1-6 個別保険会社に関する行政報告• 目的が保険契約者・被保険者の保護で、その目的を達成する手段として保険会社と保険募集の規制するものである。

保険法とは?|わかりやすくFP解説

業法 保険 業法 保険

💖 )中「株主」とあるのは「総代」と、同法第296条第1項中「定時株主総会」とあるのは「定時総代会」と、同条第3項中「次条第4項」とあるのは「保険業法第45条第2項」と、同法第298条第1項(各号を除く。 )をいう。 ) (陳述の聴取)、第870条の2 (申立書の写しの送付等)、第871条本文 (理由の付記)、第872条 (第5号に係る部分に限る。

16
)中「設立時株主」とあり、及び同法第67条第2項中「設立時株主(創立総会において決議をすることができる事項の全部につき議決権を行使することができない設立時株主を除く。

保険業法

業法 保険 業法 保険

🤛 次条から第302条までにおいて同じ。 銀行法施行規則等の一部を改正する内閣府令• 次条から第71条までにおいて同じ。

3
)」と、同項第1号中「第28条第1号又は第2号」とあるのは「保険業法第24条第1項第1号」と、同条第3項中「第33条第10項第3号」とあるのは「保険業法第24条第2項において準用する第33条第10項第3号」と、同法第103条第4項中「第57条第1項の募集をした場合において、当該募集」とあるのは「保険業法第27条又は第30条の6第1項の募集」と、「及び前三項」とあるのは「(第52条第2項第2号及び第52条の2を除く。 ) (陳述の聴取)、第870条の2 (申立書の写しの送付等)、第871条本文 (理由の付記)、第872条 (第5号に係る部分に限る。

保険業法(平成7年6月7日法律第105号) 第121条(保険計理人の職務)

業法 保険 業法 保険

✊ R02. 第一款 通則(第百五十九条)• (令和二年内閣府令第六十五号)• 01 施行• 保険業法施行規則の一部を改正する内閣府令• ) (総則)の規定は相互会社の行う行為について、同編第2章 (売買)の規定は相互会社が商人又は相互会社 (外国相互会社を含む。 平成9年12月10日 法律第117号 罰則の整備のための金融関係法律の一部を改正する法律• この場合において、同法第10条(支配人)中「会社(外国会社を含む。 01 施行• )の選定並びにこれらの者の解職及び解任について、それぞれ準用する。

15
IV -1-9 保険契約者等(顧客を含む。

保険業法

業法 保険 業法 保険

😉 (平成三十年政令第百八十三号)• 先取特権とは 賠償責任保険の被害者に対する救済措置を目的として、被害者が他の債権者に優先して保険金からの損害賠償金の弁済を受けることができるというルールが新設されました。

18
信託業法第11条 営業保証金 、第22条 信託業務の委託 、第23条 信託業務の委託に係る信託会社の責任 、第24条から第31条まで 信託の引受けに係る行為準則、金融商品取引法の準用、信託契約の内容の説明、信託契約締結時の書面交付、信託財産状況報告書の交付、信託会社の忠実義務等、信託財産に係る行為準則、重要な信託の変更等、費用等の償還又は前払の範囲等の説明、信託の公示の特例、信託財産に係る債務の相殺 、第42条 立入検査等 及び第49条 免許等の取消し等の場合の解任手続 並びに金融機関の信託業務の兼営等に関する法律第6条 損失の補てん等を行う旨の信託契約の締結 の規定は、生命保険会社が第3項の規定により保険金信託業務を行う場合について準用する。

保険業法|条文|法令リード

業法 保険 業法 保険

⚡ 第5目 会計参与• 01 施行• H30. この場合において、同法第33条第8項中「その設立時発行株式の引受けに係る意思表示を取り消す」とあるのは「その職を辞する」と、同条第10項第1号中「第28条第1号及び第2号」とあり、並びに同項第2号及び第3号中「第28条第1号又は第2号」とあるのは「保険業法第24条第1項第1号」と、同項第1号中「同条第1号及び第2号」とあるのは「同号」と、同条第11項第3号中「第38条第1項」とあるのは「保険業法第30条の10第1項」と、「同条第3項第2号」とあるのは「同項」と読み替えるものとするほか、必要な技術的読替えは、政令で定める。

16
なお、解除前に発生した保険事故でも重大事由発生以後であれば保険金支払いが免除となります。 ) (裁判による登記の嘱託)の規定は、相互会社の総代会の決議の不存在若しくは無効の確認又は取消しの訴えについて準用する。