伝説のプロボクサー 謎に満ちたあいつ。 あいみょん さよならの今日に 歌詞

あいみょん さよならの今日に 歌詞

謎に満ちたあいつ 伝説のプロボクサー 謎に満ちたあいつ 伝説のプロボクサー

✌ あいみょんさん『さよならの今日に』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。

17
「伝説のプロボクサー」も、プロボクサーってヒーローっぽいから書いただけで、特に誰っていうのはなくて。 <切り捨てた何かで今があるなら/「もう一度」だなんて/そんな我儘 言わないでおくけどな/それでもどこかで今も求めているものがある>というサビの歌詞からは、ニュースで切り取られる「今日」に簡単にはさよならを言うことができずに、どうしても過去に捉われてしまう心情が浮かぶ。

あいみょん『さよならの今日に』歌詞の意味を考察。不滅のロックスター永遠のキングとは?

謎に満ちたあいつ 伝説のプロボクサー 謎に満ちたあいつ 伝説のプロボクサー

💕 彼が今、この時代に生きていたとしたら、何を考え生き抜いたのだろうか? そうやって主人公が 何かを思いとどまっているようにも感じます。 さよならの今日に、1日の終わりに、そんなどうしようもない問いを彼女は投げかけているのです。 伝説のプロボクサー〜、このフレーズを聞いた瞬間に誰の事を言ってるかわかりました。

以下、あいみょん コメントです。 世の中で起きた 「ニュースを『自分ごと』に」というテーマを元に作成された歌詞となっています。

あいみょん さよならの今日に 歌詞

謎に満ちたあいつ 伝説のプロボクサー 謎に満ちたあいつ 伝説のプロボクサー

🎇 謎に満ちたあいつ。 All Rights Reserved 「 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。 泥まみれの過去がまとわりつく日々が 鈍くなった足でゴールのない山を登る 恋焦がれたこと 夢に起きてまた夢見たこと これまでを切り取るように 頭の中を巡る 明日が来ることはわかる 昨日が戻らないのも知ってる できればやり直したいけれど 切り捨てた何かで今があるなら もう一度なんてそんなわがまま 言わないでおくけどなぁ それでもどこかで今も 求めているものがある 不滅のロックスター 永遠のキングは 明日をどう生きただろうか? 過去には戻れないけれども、あの時の後悔を失敗を取り戻したい。

3
でも、彼の空は傷だらけ。 相手の良い側面や楽しかった思い出などが頭に浮かんだりするものです。

伝説のプロボクサー 謎に満ちたあいつ

謎に満ちたあいつ 伝説のプロボクサー 謎に満ちたあいつ 伝説のプロボクサー

👣 そして「あの人ならどう考えるだろう?」と疑問を投げかけ、聴いている人へのヒントにしているようにも…。 「あの時もっと勉強しておけば…」とか考える必要はありません。 いつか自分が歩いた土の上が恋しくなるほど ピカピカになってく渋谷の街に、 私は何を思うのかなぁと。

14
現在YouTubeではvery short movie が公開されています。

あいみょん さよならの今日に

謎に満ちたあいつ 伝説のプロボクサー 謎に満ちたあいつ 伝説のプロボクサー

♥ 伝説のプロボクサー。 ゴールのない山には、終わりの見えない不安な未来を感じます。

18
個人的には悪魔王子と呼ばれた「ナジーム・ハメド」ではないかと思いますが…。

【あいみょん/さよならの今日に】歌詞の意味を考察 あいみょんらしさ全開の名曲

謎に満ちたあいつ 伝説のプロボクサー 謎に満ちたあいつ 伝説のプロボクサー

😈 誰かに言われるまでもなく、過去が戻らないなんて現実はわかっているんです。 勝手に人の人生に踏み込んでしまいますね。 12戦した頃、プロになる前のバイク事故の影響で脳溢血の疑いが発覚し、アメリカでのライセンスが発行されなくなりました。

1
J-Pop• 自分の身の回りで巻き起こる出来事、自分の中にある過去への執着や後悔、そして希望に、簡単にさようならができない。

さよならの今日に あいみょん 歌詞情報

謎に満ちたあいつ 伝説のプロボクサー 謎に満ちたあいつ 伝説のプロボクサー

😈 あの人なら、明日をどう乗り越えるのか。

5
そんなこととうに解っています。

【あいみょん/さよならの今日に】歌詞の意味を考察 あいみょんらしさ全開の名曲

謎に満ちたあいつ 伝説のプロボクサー 謎に満ちたあいつ 伝説のプロボクサー

💅 「ニュースを『じぶんごと』に」という番組テーマを元に書き下ろされた一曲で、「サブスクの女王」とも言われるあいみょんだが、配信オンリーのシングルは意外にも初となる。 やめることもできず、また今日という日が終わっていってしまう。 『さよならの今日に』は 「news zero」エンディングテーマ。

15
恋い焦がれたこと 夢に起きてまた夢見たこと これまでを切り取るように 頭の中を巡る 「恋」。 わりと温度感がずっと低めで、その感じもいいなって。