リベルタ シナジー。 卓球 リベルタシナジー レビュー

【2019/8/10計量】【Darker(ダーカー)】リベルタ シナジー LIBERTA SYNERGY(フレアグリップ)【木材+特殊繊維の7枚合板】

シナジー リベルタ シナジー リベルタ

😘 カウンター:10点 カウンターはとてもやりやすい。

7
大学生トップ選手からも上々の試打評価。 関東: 1150円(税込)です。

イザナスカーボンをインナーに しなやかさと良好な弾性「リベルタシナジー 中国式」

シナジー リベルタ シナジー リベルタ

😃 中部: 950円(税込)です。 プレーヤーはル-ルが変わると大きな戸惑いを感じる。 守備技術全般:9点 ブロック:9点 ブロックはある程度ラケット自体で飛距離が出てしまうことさえ頭に入っていれば、カウンター気味の小気味よいブロックができる。

20
スピードもあるので、決定打になりやすい。

イザナスカーボンをインナーに しなやかさと良好な弾性「リベルタシナジー 中国式」

シナジー リベルタ シナジー リベルタ

🙏 関東:【東京・茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉・神奈川・山梨】 信越:【新潟・長野】 北陸:【富山・石川・福井】 中部:【静岡・愛知・三重・岐阜】 一箇所につき商品代金22,000円(税込)以上お買上げいただきますと、送料が無料となります。 打ってみると…バックのハーフボレーで、心地よい打球感! 止めるのも、伸ばすのも、自在! という印象です。

11
特にスピードは上級者が使っても申し分ないという。

【2019/8/10計量】【Darker(ダーカー)】リベルタ シナジー LIBERTA SYNERGY(フレアグリップ)【木材+特殊繊維の7枚合板】

シナジー リベルタ シナジー リベルタ

😝 ダーカー渾身の新作がデビュー 実にダーカーらしくない。 ボールをつかんで弾むラケットはよくありがちだが、ダーカーが最も重要視したのは打球感。 また、アウターラケットというと、 ボールが直線的に飛びやすく、 ネットにかかったりオーバーしたりしやすい… 傾向がありましたが、 イザナスカーボンは、 ボールの弧線が出やすいため 台へのおさまりも良いのも 扱いやすさに貢献しています。

19
特にシェークハンドを使う現代の子どもたちにとって好まれるデザインは何かと模索したのだ。 両面ブルーファイアの厚さ2. これはいわゆるインナー系で謳われるありがちな表現だが、ダーカーが最も重要視したのは打球感。

噂になっている新素材イザナス搭載のラケット「リベルタシナジー」のレビュー!

シナジー リベルタ シナジー リベルタ

🐾 攻撃技術全般:9点 ドライブ:9点 スピン系テンションと中国ラバーを使って試打したが、どちらにおいてもドライブのボールに速さと弾道のエグさがある。 「つかむ」打感が新たなニーズに応えます。

3
相手の球威に押されずにしっかりと球を掴むため、カウンター時の安心感においてを他を凌ぎます。

リベルタシナジープラス試打レビュー!球持ちの良さ×抜群のスピード

シナジー リベルタ シナジー リベルタ

🖕 逆に相手の強打をいなすようなブロックは少し球足が伸びてしまうので、粒高ラバー等を貼るようなイメージでのブロックは厳しいかもしれない。 ボールをつかんでから反発してくれるリベルタシナジーは、 イザナスカーボンを添芯の内側に配置することで、コントロール性能を確保している。 その「イザナス」にカーボンを織り込むことでボールをしっかりつかんでから飛んでいく卓球界では初となる特殊素材。

14
ただ、アウター系ラケットに比べると、回転の影響を受ける感じがある。 攻撃的にチキータやフリックを放つときは素晴らしい性能を感じるが、ストップ、サイドスピン系の技術においては球足が伸びてしまう。

リベルタシナジープラス 日ペン角型両面コルクシート無グリップ LIBERTA SYNERGY PLUS PEN【角型】【ダーカー DARKER】

シナジー リベルタ シナジー リベルタ

👈 噂になっているダーカーの新作ラケット「リベルタシナジー」。 バックハンドの練習をしっかり[…]• 大学生トップ選手からも上々の試打評価。 筆者もそのひとりだが、開発のコンセプトを聞いて少し安心した。

前中陣で戦うための超攻撃選手向きラケット。 最後に いかがでしたでしょうか?かなりの数の用具を使用している友人ですが、レビューを見た限りでもマニア感が伝わってくるレビューです!僕としても用具についての知識は信頼しているので読みながら「フムフム。

リベルタシナジープラス 日ペン角型両面コルクシート無グリップ LIBERTA SYNERGY PLUS PEN【角型】【ダーカー DARKER】

シナジー リベルタ シナジー リベルタ

😋 常に軟らかくボールをとらえて打球感を安定させることを目指した結果、新素材『イザナス』にたどり着いたのだ。 なぜこのようなデザインになったのだろうか。 セル時代からプレーしている方で悩まれている方もいると思うので参考までに。

2
木材の「しなり」を無くし、よりダイレクトにイザナスカーボンの力をボールに伝えることができる。 スピードもあるので、決定打になりやすい。