源氏 物語 桐 壺 和訳。 桐壺(源氏物語)|新編 日本古典文学全集|小学館

桐壺(源氏物語)|新編 日本古典文学全集|小学館

壺 源氏 和訳 桐 物語 壺 源氏 和訳 桐 物語

☝ これは人の御際 (おんきは) まさりて、思ひなしめでたく、人もえおとしめ聞え給はねば、うけばりて飽かぬ事なし。 ただ涙の中の御朝タであって、拝見する人までが湿っぽい心になる秋であった。

11
中国の唐でも、このようなことが原因となって、国が乱れ、悪くなったのだと、次第に国中でも困ったことだと言われるようになり、人々が持て余す悩みごとの種となって、(玄宗皇帝を魅了した)楊貴妃の例まで引き合いに出されそうになっていくので、非常にいたたまれないことが多くなっていくが、もったいないほどの帝のお気持ちに類例がないこと(自分を非常に大切にし愛してくれること)を頼みにして何とか宮仕え(後宮生活)をしていらっしゃるのである。 例=名詞、先例、話の種、手本 ぬ=強意の助動詞「ぬ」の終止形、接続は連用形。

源氏物語「光る君誕生」(桐壺) 問題

壺 源氏 和訳 桐 物語 壺 源氏 和訳 桐 物語

😋 源氏の君は朧月夜と逢瀬を重ねておりました。

5
入内の初めから、自分こそは(帝のご寵愛を一身に集めよう)と気負っていらっしゃった女御の方々は、気にくわない者として軽蔑し妬(ねた)みなさる。

長恨歌

壺 源氏 和訳 桐 物語 壺 源氏 和訳 桐 物語

✌ 日本架空伝承人名事典 3• その時から宮の外祖母の未亡人は落胆して更衣のいる世界へ行くことのほかには希望もないと言って一心に 御仏 ( みほとけ )の 来迎 ( らいごう )を求めて、とうとう 亡 ( な )くなった。 更衣に三位が贈られたのである。

5
心のうちには、ただ藤壺の御有樣を、たぐひなしと思ひ聞えて、さやうならむ人をこそ見め、似るものなくもおはしけるかな、大殿 (おほいどの) の君、いとをかしげに、かしづかれたる人とは見ゆれど、心にもつかず覺え給ひて、をさなき程の御ひとへごころにかかりて、いと苦しきまでぞおはしける。 桐壺の更衣の葬儀が行なわれることになって、更衣の母君は、遺骸と同時に火葬の煙になりたいと泣きこがれていた。

長恨歌

壺 源氏 和訳 桐 物語 壺 源氏 和訳 桐 物語

🖕 どこかからだが悪いということはこの人の常のことになっていたから、帝はそれほどお驚きにならずに、 「もうしばらく御所で養生をしてみてからにするがよい」 と言っておいでになるうちにしだいに悪くなって、そうなってからほんの五、六日のうちに病は重体になった。

7
同じ身分、またはそれより低い地位の更衣たちは、女御がたにもまして気持がおさまらない。 かの御おば北の方、慰む方なく思し沈みて、おはすらむ所にだに尋ねゆかむ」と願ひ給ひししるしにや、遂に亡せ給ひぬれば、又これをかなしびおぼす事かぎりなし。

紫式部 與謝野晶子訳 源氏物語 桐壺

壺 源氏 和訳 桐 物語 壺 源氏 和訳 桐 物語

💔。

意匠を凝らせた贈り物などする場合でなかったから、故人の形見ということにして、 唐衣 ( からぎぬ )と 裳 ( も )の 一揃 ( ひとそろ )えに、髪上げの用具のはいった箱を添えて贈った。 めざましき=シク活用の形容詞「めざまし」の連体形。

紫式部 與謝野晶子訳 源氏物語 桐壺

壺 源氏 和訳 桐 物語 壺 源氏 和訳 桐 物語

🙃 源氏の君は「疑わしいことがなければ……」と、疎ましくお思いでした。

「野分」は「野 分の風」の略。